今では変わらないスプレッドの狭さ

-

-

「スプレッド」とはFX取引は外貨をトレードして利幅を稼ぐ商取引です。うさぎ メイク

トレードの値段は、二十四時間変化しています。はちみつ シミ しわ

これがマーケットです。ロスミンローヤル 成分

インターネットでニュースをみていると、通貨の為替レートの情報が流れます。ロスミンローヤル クーポン

よく見かけるのが、「ただいまのドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。富津市 直葬

それは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を表しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表現しています。ゼロファクター

つまり、売買には買いと売りの2個の価格が存在するのです。生酵素サプリ 高純度

売値、買値の事を別の言い方で提示しているFX業者も存在しています。牡蠣 サプリ

いつもは売値が小さくなっています。所沢市 直葬

買うときには高く、売るときには安くなるのが普通です。

この差をスプレッドといいFX取引会社の稼ぎの一部になっています。

スプレッド幅は業者によって変化します。

スプレッドの差は自分自身にとって負担になるので、狭い取引会社を選択したほうが得します。

ただし、同じ業者でも場面に応じてスプレッド幅は広くなったり狭くなったりします。

通常はドル円の組合せでたった1銭のスプレッドの広さとは言っても為替相場の上下が大きい場合には1銭よりも大きくなったりする場合があります。

そういう訳で、スプレッドの広さが狭いのと同じくらい変化が小さいのが不可欠です。

今では変わらないスプレッドの狭さを提示する業者も多数存在します。

リアルにFX業者のトレード画面の中でマーケットを調べなければ判別できないので億劫ですが、とても大事な事です。

重要な財産を投じてエントリーしますので、実際の売買の前に興味があるFX取引会社の口座開設をどんどんして、表示されているスプレッドを点検しましょう。

同じペアでも外国為替市場の条件によって外貨のスプレッドの差は異なります。

おおむね、銀行間取引市場で取引量の多い、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッド幅が小さく、それ以外の外貨ではスプレッドの差が広がる事が多いです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.cicelygilman.com All Rights Reserved.