こういったやり方です

-

-

為替介入というのはご存知ですか?日銀が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞、テレビ番組、ネット等の報道記事で確認した方も多いと思います。79-1-72

そもそも為替介入(外国為替市場介入)というものは日本では、財務大臣が為替レートの沈着を保てるように用いる手はずとして評価されています。79-3-72

簡潔に言うと、極端な円高、円安の場合に財務大臣の命令が出ると日銀が日本円を取引することで円相場の安定をさせる、ということです。79-2-72

為替介入(外国為替平衡操作)は種類があります。79-9-72

1.単独介入・・・政府または日本銀行が、東京市場の中で自分から市場に加わって外国為替平衡操作(為替介入)をする。79-5-72

2.協調介入・・・いくつかの銀行などが相談のうえ各々の通貨当局の持ち金を使って同時ないし小出しに為替の介入を行なっていく。本田ヒルズタワークリニック

3.委託介入・・・海外の通貨当局に外国為替平衡操作(為替介入)をお願いする。コンブチャクレンズ 妊娠中

4.逆委託介入・・・日銀が異国の銀行などに代えて為替介入(外国為替市場介入)を執行する。79-6-72

こういったやり方です。79-4-72

いずれのやり方の外国為替市場介入(為替介入)もその場、または引き続き為替の市場にたくさんの影響力を与えるでしょう。79-7-72

為替介入(外国為替市場介入)の金額は当たり前ですが自分の国の誇りをかけているだけに段違いなのです。

円を例にみると、通常は数銭ずつ変化する円相場が突然数円ずつの変動をします。

個人投資家の人であれば今までに経験したことがあると思うのですが、それまではうまく含み資産(もしくは損失)が増えているポジションをキープしていたところで、保持している保有高が決済となりましたとのことで連絡が外国為替の会社の発信でメールが届き・・・どれほど得したのかな(損したのかな)?と思いつつ決済された状況を確認したところ自身が考えていた内容とは反対の状況にびっくりしてしまうといった例がよくあります。

為替介入(外国為替市場介入)が実施された場合に多く聞く話です。

この例のように外国為替市場介入(為替介入)を施行すると為替の市場のトレンドとまったく反対の動きをするものなのです。

さらに変動する金額の範囲は相当大幅に変わるため注意が必要なのです。


Site Menu

Copyright © 2000 www.cicelygilman.com All Rights Reserved.