己だけの事故の時には

-

-

事故は己だけの事故と誰か別の人を巻き込む交通事故が存在します。

己だけの事故の時には、あなたが事故の対応をしてしまえば終了となりますが、他者が関与した自動車事故はどちらにどれくらい誤りがあるのかを確認してその結果によって乗用車の修復のお金が和解金かいくらのかなどが決められますので、車の保険屋さんの有識者を交えての協議が必要です。

大概の自動車での事故の場合相手だけでなく自分にもちょっとは損失がある時が大多数でどちらか一方の落ち度だという状態は少ないようです。

もちろん赤信号で止まらなかったり、一時停止無視等は大きなミスになりますが、被害者にも落ち度があったと言われます。

事故のケースではどの運転手の責任が原因かという結果が物凄くポイントにされますのでその結果を数字で示したのが『過失割合』です。

例えば、先ほど述べた赤信号で止まらなかったり、一時停止で止まらなかった場面では法の規則上相手に全ての間違いがあると考えますがその自動車が前方からこちらに向かってきていて目視でチェックできた状況だと被害者側も注意不足として10%ほどの手落ちがあると認められる場合もあります。

この条件では事故を起こした方が9割事故に巻き込まれた自分が1割割合と判断されミスが大きいとそれに応じた責任が問われる事になるのです。

さらにこの割合前の自動車事故の判例を基準に結論付けられる状況が多く、日弁連交通事故相談センターから発表されている認定基準表等が参考として利用されています。

この過失割合で、割合が高ければ落ち度結果的に損害賠償金も大きくなるので、事故に関する話し合いは事故に巻き込まれた人だけでなく自動車保険の担当の人と一緒に慌てずに交渉することが不可欠です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.cicelygilman.com All Rights Reserved.